KITTEの4階にあるマルノウチリーディングスタイル

東京駅に寄る機会があれば是非、マルノウチリーディングスタイルをお勧めします(東京駅の改札を出なくてはなりませんけども)。KITTEというビルの4階にこのお店はあります。書籍・カフェ・雑貨を扱っていて、暇があればこのお店で1時間でも2時間でもいられくらいに楽しいのであります。なんといっても本棚の配列はもちろんのこと、本の並べ方に抜群のセンスが感じられます。買う気がさらさらなかった人でも、この店の本棚を見れば何かを買わずにいられなくなります。それくらい厳選されていてかつ洗練されています。この店の本はbairarしています。「早く手に取ってくれよ!」と訴えているかのように本が生き生きしています。

と、まあ、今日も何も買う気もなく眺めるだけでいようかと思ったら、ついつい本に手を伸ばして買ってしまいました。今日買った本はこちら。須賀敦子の「コルシア書店の仲間たち」どういう本かわかりませんが、表紙の奇妙な女性に惹かれて購入。その他にも買いたい本はたくさんあった。「本を読む本」とか「ゲバラ日記」とか「反哲学入門」とか。また足を運ぼう。

 

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)