読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の調子が悪い日は

今日は朝から目の調子があまり良くなかった。目の裏側から針で刺されたような痛みのせいで、何をしても集中出来なかった。本を読んでもズキズキ、雑誌を読んでもズキズキ、パソコンを開いてもズキズキと、何をするにも目の痛みが気になって仕方が無い。

真っ白な紙を被せたような空のせいだろうか。白さの中に黒さと明るさと目を刺激するのだろうか。よくわからない。外では雪が降っている。窓を開けると空気が張り詰めている。まるで四方から透明のレーザーを当てられてるみたいだ。それに、指一つ動かすだけで空気の流れが変わるのが分かる。

とにかく、こういう日は何をしてもダメだ。ダメダメだ。おまけに寒いと来てる。何もしたくない。何も出来ない。

一昨日、買ったブルータスの最新号。
まだ読んでない。読みたいけど、読めない。目がズキズキズンズン。

でも今は少し回復。でもまだ乱視状態で、目の焦点があちこちに散らばっている。

追記:お風呂に浸かり、蒸しタオルで目の周りを温めたら少し良くなった。ので、ブルータスの最新号を紅茶をすすりながら飲んだ。ああ、今月号は買うんじゃなかった。人の自慢話を30年近くさせられてるような気分がして、すぐに放り出してしまった。僕がこの号を本当に面白いと思えるのは、いつになるのやら。


BRUTUS (ブルータス) 2014年 2/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2014年 2/15号 [雑誌]