読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冗談じゃないほど、精神的に参ってる。

日記

えーっと、僕は村上春樹のことについて卒論を書きたかったのですが、却下されてしまいました。

そんなこんなで、大学1年生から取り組んでいた子どもの貧困について、やれ、とのことでした。こう見えて、僕は貧困とか社会保障とかそういったことばかり勉強していて、小説というのはいわば現実逃避の手段であったわけであります。

子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)

子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


子どもの貧困はここから始まった。

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)

そして、社会政策論の入門。

そして最近は、人的資本理論というものをかじっていて、人間の経済的価値を投資によって向上させることができるというもの。つまり、子どもの教育にお金をかければかけるほど、リターンを見込めるということですね。大卒であれば、それに見合った就職先、賃金、福利厚生が得られるといったような。

人的資本―教育を中心とした理論的・経験的分析

人的資本―教育を中心とした理論的・経験的分析

アメリカの経済学者、ゲーリー・ベッカーという人が打ち出した理論です。この理論の優れたところは、教育の投資効果が実証できる点だと思います。つまり、100万円を受け取った学生Aと受け取ってない学生Bの生涯賃金の差や正規雇用率やらを叩きだせるというもの。やれ、そんなの分かりきってるじゃないか。と言われるかもしれませんが、確固としたデータと理論に基づいて実証しなければ、なんの説得力もありません。それは単なるイメージに過ぎませんから。

その他にも、僕は生活保護バッシングがあったので、そのことも勉強しようと思い、こんな本も読みました。

これはちょっと難しかったです。

んで、僕はホトホト参ってます。

大学1年の時に、子どもの貧困やろうと思って、夏休みにそういった子どもたちから話しを聞いたんだよね。触れ合いキャンプをやって、キャンプファイヤーをやって、みんなで手を繋いでぐるぐる回ったりして。その中に、りょうくんってのがいて、よく懐いてくれて、アドレスも交換して、しばらく連絡を取ってたんだけど、ある日、プツンと切れてしまった。

「こりゃあダメだ、辛い。」となり、なるべく生身の人間とは関わらないようにしようと思って統計データばかり見てるんだけど、その数値の項目を見るたびに、「りょうくん」含む4、5人の生徒たちの顔がありありと浮かんできて、こりゃあダメだ、となっているのが今現在。

そして今でも忘れられないのが、彼らが埼玉のとある駅で退廃的な表情を浮かべながらタバコを吸っていたこと。あれは、今でも強烈に頭の中に残っていて、帰り際に僕を見る「目」はどことなく悲しげで、大きな喪失感があって、絶望感があった。将来に対する不安や戸惑いや、自分に対する劣等感(僕は大学生で、僕と同じ歳なのに定時制の高校に通っていた人もいた)やら、複雑な心情が瞳の奥でゆらゆらと揺れていた。まるで、消えかけているロウソクの火のように。

僕はいま、統計データを見るたびに後ろで腕を組んだ彼らにじっと見られているような、そんな気がしてしまう。

参ったなあ。

コンドームの歴史

コンドームの歴史

こういう馬鹿げた題材を真剣に扱ってる論文や

セックスはなぜ楽しいか (サイエンス・マスターズ)

セックスはなぜ楽しいか (サイエンス・マスターズ)

だとか、自我をぶっ飛ばすような本や

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)


だとか。実はジャレド・ダイアモンドさんは文化人類学者で、「銃・病原菌・鉄」や「文明崩壊」などの大著があります。両方とも面白い。

愛するということ

愛するということ

こんなことを考えたり。

自由からの逃走 新版

自由からの逃走 新版

やら。実は私たち人間は、自由を与えられすぎるとそれを放棄したくなるそうです。ホントかよ、と突っ込みたくなりますが、サブウェイの圧倒的なメニューの多さを前にした時に、ついつい定番のものを選んでしまいます。これって自由からの逃走ですね。

親密性の変容―近代社会におけるセクシュアリティ、愛情、エロティシズム

親密性の変容―近代社会におけるセクシュアリティ、愛情、エロティシズム

人と人との親密性はどのように変化し、どのようなパターンがあるのか?

反社会学講座

反社会学講座


「わたしたちはね、社会学者のバカが言う、機能不全家族なの」-ジョン・アーヴィング

「もしもね、世界中の権力者たちすべてが女性であったなら、戦争なんて起こるわけないわ。男っていつも馬鹿なの」-コーリャ

やらやら。やれやれ。


ブログを休止します(3日くらい)

頑張ります。