貧困に苦しんでいる1人の子どもの生活が、300万件あるということ。

生活保護受給者数は約216万人です。さーせんした。


 昨日、村上春樹について書こうかと思っていたら、三日前の記事のブックマーク数を見て驚いてしまった…。不特定多数の人に読まれることによる精神的なダメージというのは、物凄くある。右手に賛同する人がいて、左手に反対する人がいて、双方がタワーのように積み上げられていっていることを、ただぼーっと眺めていることしかできない。「熱が冷めるまで、じっと耐えなければならないんだ」と、刹那に理解する。だから、放置して眠ることにした。

 ただし、一つだけ。僕が「想像力」が大切だと言ったのは、ビートたけしのある記事を読んで「なるほどなぁ」と思ったからです。

ビートたけしが震災直後に語った「悲しみの本質と被害の重み」│NEWSポストセブン

この記事でビートたけしが、東日本大震災について語っているんだけれども、とても良いことを言ってる。

常々オイラは考えてるんだけど、こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。
じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたらマシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。それは死者への冒涜だよ。
人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。

 もちろん、社会調査をやって、統計データを示すのは政府の仕事だからどんどんやって貰いたいし、客観的なエビデンスに基づいてどんな政策を立案していけば良いのかを考えていくことは重要だと思う。僕も賛成する。でも、ビートたけしの言葉を借りるのであれば「相対的貧困状態にある子どもが300万人いるということではなくて、そこには貧困に苦しんでる1人の子どもの生活が、300万件あるのだ」ということです。

一個人にとっては、他人が何万人も死ぬことよりも、自分の子供や身内が一人死ぬことのほうがずっと辛いし、深い傷になる。残酷な言い方をすれば、自分の大事な人が生きていれば、10万人死んでも100万人死んでもいいと思ってしまうのが人間なんだよ。
逆に言えば、それは普段日本人がいかに「死」を見て見ぬふりしてきたかという証拠だよ。海の向こうで内戦やテロが起こってどんなに人が死んだって、国内で毎年3万人の自殺者が出ていたって、ほとんどの人は深く考えもしないし、悲しまなかった。「当事者」になって死と恐怖を実感して初めて、心からその重さがわかるんだよ。

 ビートたけしの言葉を借りれば、「自分は貧困ではないのだから、後は何万人貧困に苦しんでいたって構わない」ということになるかもしれない。そうならない為にも、「当事者」にいかに接近していくかが重要なんじゃないかと。「当事者」にしか分からない事情はあるかもしれない。根っこの部分では、分かり合えっこないかもしれない。だけれども、限りなく「当事者」に近づけることはできるのではないか、と僕は思います。でも、数字を見ただけでは「想像力」は働きにくい。想像しまくれば、ちょっとは分かるかもしれないけれども。問題なのは、統計データといったトップダウン式に「貧困」を捉えるのもいいけれども、インタビュー等のボトムアップ式に「貧困」を捉えていかなければ、バランスが悪くなるということ。

 で、僕はあちこち統計データとか見た結果、ルポルタージュやノンフィクションといった「想像力」に働きかけるように「貧困」を語っているのも大事だ、ということを3日前の記事で言いたかっただけです。エビデンスペーストで文章を組み立ててやっていても、数字が感情に訴えることはあまりなかった。それは「読み手」であった時もそうだし「書き手」であった時にも同じような想いを抱いていた。文献を読み進めていくうちに苅谷剛彦さんの文章はエビデンス沢山あるし「誰がどうみても事実だ」と思えたけれど、「で、どうなってるんだ?」と思って本田由紀さんの文章を読んでいった。本田由紀さんは、運動論の立場からも書いていて分かりやすかった。それでまあ、トップダウン(統計)とボトムアップ(想像力)でバランスを図ったんです(コメントしてくれました。的確な言葉お借りします)。

 なので、ルポルタージュやノンフィクションを読んでて「これっていったい何人いるんだ?」と思えば統計データを見れば良い。逆に、統計データばかり見て「で、現場はどうなのよ?」と思えば、ルポルタージュやノンフィクションを読めば良い。市民としてできることは、あらゆるアプローチで「貧困」と向き合うこと。そして、そんな人達の生活を想像し、胸を痛め、社会に真剣に腹を立て、行動に移していくしかないのではないか、と。つまり、そういうことです。日本国内の貧困に関する本は例えば

母さんが死んだ―しあわせ幻想の時代に ルポルタージュ「繁栄」ニッポンの福祉を問う

母さんが死んだ―しあわせ幻想の時代に ルポルタージュ「繁栄」ニッポンの福祉を問う

ルポ 若者ホームレス (ちくま新書)

ルポ 若者ホームレス (ちくま新書)

生きさせろ! 難民化する若者たち

生きさせろ! 難民化する若者たち

 この三冊は、素晴らしい。貧困現場からの報告です。

「卒論読みたい」とコメントしてくれたんだけれども、お粗末なものです。だから、幾つかのグラフと論拠を提示するだけで良いでしょうか??(すみません)。長くなりますが、お付き合いどうぞ。

 まず、学生の貧困の現状について見ていきましょう。文部科学省の「学生の中途退学や休学等の状況について」*1を見てみると、経済的理由により退学している学生が20.4%です。分かりやすくグラフ化すると次のようになります。

f:id:stone-ecology:20150117121657p:plain

 つまり、中退した学生約8万人のうち1万6000人の学生が経済的理由により中退していることになります。で、ご存知のように学費や生活費で年間100万から250万くらいかかりますよね。詳しくは、小林雅之の『進学格差-深刻化する教育費負担』と『大学進学の機会』を参考にしてください。もしくは、独立行政法人学生支援機構の「学生生活実態調査」*2を参考にしてください。そういった学費や生活費を払っているのは、保護者かもしくは学生本人ということになります。

 とにかく、「へえ、そうなんだなぁ」と思い「ところで、学生のお財布事情はどうなんだろう?」と思って、全国学生活協同組合の「第49回学生生活実態調査」*3をもとに、ポチポチグラフに打ち込んでいったわけです。例えば、下宿生の仕送り額の年次推移をグラフにするとこのようになります。

f:id:stone-ecology:20150117124727p:plain
注:下宿生=4584人

 これを見れば、仕送り5万未満の学生や仕送り0円の学生が増えているのが分かります。めっちゃお金貰ってる奴と、めっちゃお金貰ってない奴のどちらかです。そして、仕送り無しの学生は、めっちゃ奨学金を借りているか、めっちゃアルバイトやってるのかのどちらかだと考えられます。それで、仕送り額0円の学生のアルバイトと学業の関係について見ていきました。自分のデータに自身がないので、本田由紀さんの調査(速報値)を参考にします。

本田由紀さん(他)が行った「学生アルバイト全国調査結果」*4によれば、家計にゆとりがない人程、アルバイトの収入が多く、かつ、学業に支障がでることが分かりました。アルバイトを増やさざるを得ず、その結果として学業に支障がでれば、単位を落としたりすることも考えられる。生活維持の為にアルバイトをしなければならない学生は、学ぶ為の時間を確保することも難しいだろう。「奨学金借りれば良いんじゃん」となるかもしれませんが、借りすぎると将来の生活が苦しくなる。

そんなことを書きました。

最後に、地方出身で都市部の大学に通っていて、かつ、仕送り額がない学生は大変だろうと思います。学費は親が払ってくれているかもしれませんが、生活費は自分で払わなければならない。アルバイト収入を増やせば現在の生活が苦しく、奨学金収入を増やせば、将来の生活(返済しなければならないので)が苦しくなります。そして、就活とかで首都圏の企業を受ける場合にも、交通費がかかります。こういう学生調査を基に、保護者の経済力の差が、色々な差を生み出しているんではないかー、ということを述べたわけでした。

疲れました、終わり。

うんことか、どうでも良いことをしばらく考えいきます。


森山直太朗 うんこ - YouTube

f:id:stone-ecology:20150117142134j:plain