読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんのために生きてるんだろう?

日記

ビジネスシューズを二足買った。一足買えば二足目は半額だったからだ。半年後に履き潰して買うんだったら、今のうちに買っておこう、そんな感じだ。

でも僕はビジネスにはホトホトウンザリしてる。スーツを着るのも嫌だし、ハンカチやワイシャツにアイロンをかけたりするのも嫌だ。毎朝、満員電車に乗って身動きも取れず、周りのサラリーマンと椅子とり合戦をするのも好きではない。接待や飲み会の席で、上司のグラスにビールを注ぐのは屈辱的だし、あれこれ気を使うのも嫌いだ。あんなのは自分でやればよいのに、僕はそう思ってる。自分の好きな分、ビールをグラスに注ぎ、タバコを吸いたかったら自分で灰皿を注文すれば良いのだ。

こんなことをあと40年続けなければならないと考えると、ウンザリする。入社してすぐに「ああ、早く定年を迎えたい」そう思った。

仕事を辞めようと思う。好きな本は読めなくなったし、映画館にも行けてない。毎日、身体的精神的に磨耗していっている。石鎚でゴリゴリとすり潰されて、あとに残るのは小さな粉だけだ。「辛いのはお前だけじゃないんだ」とある人は言う。「みんな辛いけど、辛いと感じてるのは各個人だ。それぞれ違った辛さがあるし、僕の辛さは、他のものと比べることはできないし、僕だけのものだ」と言いたい。でも言えない。我慢しなくちゃいけない。男は黙って我慢。そういうのが周りにたくさんいる。

魚を釣ったり、作物を育てたり、外でのんびりご飯を食べたりして、季節に敏感になりたい。

なんのために生きてるんだろう?