握手会に行ってみた。

昔から好きだった人の握手会に行ってみた。モデルの握手会なんて僕は行ったこともないし、どういったものかもわからなかった。朝起きて、シャワーを浴び、歯を磨き、爪を切って、5回は手を洗って、ハンドクリームを塗った。そして僕が持ってる中で一番上等な服で身を包んで、電車に乗った。

昔から、と言っても熱心なファンではないかもしれない。彼女のでてるドラマやCMを欠かさずチェックしてたわけでもないし、写真も時々見るくらいだし、そんなもんだ。

新宿駅に降り、タバコを何本か吸った。会場が近づくにつれて、やっぱり引き返そうかなと4回くらい思った。同じところをぐるぐると何回も行ったり来たりした。ドトールに入ってアイスティーを頼み、サンドウィッチをつまみながらゆっくり飲んで食べた。グラスは汗をかいていた。

時間が近づくにつれ、緊張のあまり、自分でもよくわからない行動を取った。普段、猫の写真集なんて見ないのに、パラパラとめくった。それから整理券を買った。それからまた喫煙所に行って何本かタバコを吸った。それでも落ち着かないので、スフィアンステーブンスの曲を聴いた。そして夜の海を想像した。それからのことはあまり覚えてない。でも、杉本有美可愛かったぁ!

すらりとしてて、髪がショートでとても綺麗で、肌が透き通るように白い。顔も小さい。やっぱり彼女はモデルなんだ、と思った。写真でしか見たことのない非現実的な存在が、目の前で非現実的に存在していた。地面が宙に浮き、ぐらぐらした。次元が歪んで、それに吸い込まれいくような、そんな感じだった。

杉本有美 写真集 『 it's me 』

杉本有美 写真集 『 it's me 』