『この世界の片隅に』


映画『この世界の片隅に』予告編

 

 『この世界の片隅に』を観てきた。同じ時期に公開されている新海誠の『君の名は。』よりも断然、素晴らしい映画で、もはや「君の名は。』のストーリーなんてものは頭の片隅に追いやれてしまうくらいだった。どうして、この映画史に残ると言われるアニメがあまり話題に上らないのだろう?と疑問が残った。

 この映画を観た後、何かを語りたい、という気持ちになったが、いざキーボードの上に指を置くとなにも思い浮かばない。なんなのだろう、この複雑な気持ちは。映画の中でも使われている、「悲しくてやりきれない」が、本当に胸に染みる。

胸にしみる 空のかがやき

今日も遠くながめ 涙をながす

悲しくて 悲しくて

とてもやりきれない

このやるせない モヤモヤを

だれかに告げようか

 


コトリンゴ -「 悲しくてやりきれない 」

 

 戦争映画は色々あるけれど、女性の視点を中心に描かれた映画は、これまでなかったんじゃないでしょうか。銃弾が飛び交い、血が流れるようなそんな映画とは違い、戦争中の生活が静かに描かれていました。戦争を終わらせる方法は、人を殺戮する兵器ではなく、主人公のすずのように、その日その日を楽しみ、学び、静かに、慎ましく生活を送ることなのかもしれません。選ばなかった道と選んだ道。人生がどのように転ぼうとも、前を見つめて、しっかり生きていかなくては、と思わさせる映画でした。

 

 このモヤモヤ どのように告げたらいいのか。